OM4出たけど,Osmo Moblie 3でよくない?

スポンサーリンク

この記事の結論

  • Osmo Mobile 3を既に持っている人がOM4を買うメリットは少ない
  • OM4はマグネット着脱式になった・モーターが強化されたぐらいしか進化していない

はじめに

発売されてからかなり経っているOsmo Mobile 3(以下,OM3)を購入したおれ任.

しかし購入から約1ヶ月後に,新型のOM4が発売される.

もう少し待っておけば最新型買えたじゃん!

しかし,OM4の詳細を見ていると思っているほどOM3と変化がなさそう.

スマホの付け方がマグネット式になったこと以外はOM3と全然変わってなくね?

ということで,新型のOM4と旧型のOM3を徹底的に比較してみました.

外観比較

こちらが旧型のOsmo Mobile 3

続いて新型のOM 4

スマホを保持する部分と本体カラーの違いぐらいしかわからないな.

ちなみに,ボタンも変わっていません.

スペック比較

機種重量
OM3(本体)405 g
OM4(本体+磁気スマートフォンクランプ)422 g
OM4(本体+磁気リングホルダー)401 g

本体はOM4のほうが少し軽いけど,磁気クランプorホルダーをつけると大差ないな.

機種搭載可能なスマホ重量
OM3200±30 g
OM4230±60 g

公式情報によると,OM4はモーターがパワーアップしているらしいぞ.

機種対応スマートフォン厚さ対応スマートフォン幅
OM3≦ 9.5 mm62 ~ 88 mm
OM46.9~10 mm67~84 mm

OM4はOM3に比べて,取り付けられるスマホの幅が短くなってるから要注意だな.

バッテリー関連
種類18650 Li-ion
容量2450 mAh
電力量17.64 Wh
電圧7.2 V
充電温度範囲5℃~40℃
動作環境温度0℃~40℃
駆動時間15時間
(ジンバルのバランスが完全に取られており,理想的な条件下で使用した場合)
充電時間2.5時間(10W充電器で測定)
ジンバル充電ポートUSB-C
外部デバイス充電ポートUSB-A

バッテリー関連はどちらも完全に同じだね.

OM4はモーターがパワーアップしているのにOM3と消費電力が変わらないのはすごいですね.

バッテリーの駆動時間に関して1つ注意点があるぞ

この15時間の駆動時間は,ジンバルのバランスが完全に取れているときの時間です.

f:id:oreohaoleo:20200829103438j:plain
負荷が大きくなっている図

上の図のように,スマホの重心とホルダーの中心線がズレて片側に寄ってしまうと,スマホの水平を維持するためのモーターの負荷が大きくなって消費電力が増えてしまうから,駆動時間が短くなってしまうぞ.

f:id:oreohaoleo:20200829103442j:plain
バランスが完全にとれている図

スマホの重心とホルダーの中心が揃えばヨシ!

ところでOM4ですが,

もちろん,このクランプもスマホの重心位置に取り付けないといけないぞ.

この磁気リングホルダーは,付属している治具で中心に取り付けれるようになっているらしいから安心だな.

機種パンロールチルト
OM3-162.5°~170.3°-85.1°~252.2°-104.5°~235.7°
OM4-161.2°~171.95°-136.7°~198°-106.54°~235.5°

ロールだけ明らかに値が変わってるけど,範囲はあんまり変わってないね.

ちなみにロールというのは下の写真の赤矢印のように回る回転軸です.

f:id:oreohaoleo:20200829110220j:plain
機種
最大操作速度120 °/s
BluetoothBluetooth Low Energy 5.0

このへんの機能もOM3とOM4に違いはなかったぞ.

参照した公式ページ

Osmo比較 - DJI OM 4と他のOsmo製品を比較 - DJI
DJI OMシリーズの特徴やスペックを比較しましょう。あなたにぴったりのDJI スマートフォン スタビライザーを見つけましょう。

Active Track 3.0

Osmo Mobileの魅力的な機能として,対象物を認識して追いかけられるActive Trackというものがあります.

この動画を見る限りOM4のほうが進化したActive Trackを搭載しているかのように思ってしまうかもしれないけど,OM3も同じActive Track3.0を搭載してるんだよな.

調べる限りソフトウェア面については,OM3とOM4は同じものが使われている模様.

撮影機能

DJI純正の撮影アプリであるDJI Mimoを使って撮影できる機能は以下の通りです.

  • Story
  • パノラマ ←一部新機能
  • 写真
  • 動画
  • スローモーション
  • ダイナズーム ←新機能
  • タイムラプス
  • ハイパーラプス

新機能はOM4だけかと思いきや,ちゃんとOM3でも使えるようになってるんだよな

(ありがてぇ..)

ちなみに,ダイナズームというのはドリーズームヒッチコックショットと呼ばれる撮影方法のことです.

被写体の大きさは変わらないのに,周りの風景が広がって見えるちょっと不思議な撮影方法だね.

上の動画は光学ズーム機能のあるカメラで撮影しているので綺麗に撮れていますが,光学ズーム機能を搭載していないスマホだと,画像自体を拡大・縮小することになるので,画像の解像度が高くないと安っぽい映像になってしまうことには注意が必要です.

もう一つの新機能の分身パノラマは,3枚の写真それぞれ3秒カウントダウンして別々に撮ってつなぎ合わせる機能です.

付属品・価格

OM4は標準でアタッチメントがつくようになってるし値段もあんまり変わってないね.

OM3,OM4のメリット・デメリット

OM4は一度磁気クランプorホルダーを取り付けておけば瞬時にジンバル本体に合体できることを売りにしていますが,OM3も取り付けにそんなに時間はかかりません.

OM4は,磁気クランプorホルダーで瞬時に取り付けられることをメリットとする反面,その磁気クランプorホルダーがないと取り付けられないというデメリットが生まれてしまうんだよね.

最悪の場合,ジンバル本体だけ持ってきて,「ああ,磁気クランプ忘れた...」とか悲しすぎるからな...

終わりに

OM4がOM3から変わったこととしては,

  • マグネット着脱式になった
  • モーターが少し強くなった

の2つぐらいです.

OM4が発表されたときは絶望してたけど,調べてみるとOM3とほとんど変わってなくて安心したよね.

それぞれの購入リンク↓

Osmo Mobile 3を購入 – スマートフォン ジンバル – DJIストア
Osmo Mobile 3は、刷新された折りたたみ式設計で、ActiveTrack 3.0を搭載し、ジェスチャーで操作することができるコンテンツ制作者必須のハンドヘルドジンバルです。DJIオンラインストアで今すぐ購入しよう!
DJI OM 4を購入 – スマートフォン ジンバル – DJIストア
DJI OM 4は、マグネット クイックリリース設計を採用し、スマート機能を多数搭載した、コンパクトなスマートフォン用スタビライザーです。DJIオンラインストアで今すぐ購入しよう!
タイトルとURLをコピーしました